通院日

今日は1週間ぶりに病院へ🐶

なぜか今日のロビンは病院に着いた途端に震えてしまい、とても可哀想でした……。

他のわんこがクンクン鳴いていたので、怖い!という気持ちが伝染してしまったのでしょうか?

外はかなり冷えますが、診察室に呼ばれるまで外で待機しました。

↑夫と外で待機中のロビン🐶

名前を呼ばれて診察室へ入り、先生に震えていることをお伝えすると「たしかに可哀想だけど、病院=怖いと分かっているのが素晴らしいと思います。もうすぐ19歳になるけど、認知症の心配はないですね^^」と教えていただきました。そして「今日は注射もしないし怖くないよ~!大丈夫だからね」とロビンを撫でてくれました^^

たしかに震えてしまうのは可哀想ですが、恐怖が分かるということは逆に楽しい気持ちも分かるということになります。しっぽを振りながら駆け寄ってきたり、お出かけしたときに嬉しそうにしている姿を思い出して、愛おしい気持ちになりました。これからも、ロビンと楽しい時間を過ごしていきます🐶✨

■エコー検査

以前の病院で”脾臓がかなり腫れている”と言われていたので、これがリンパ腫によるものなのか確認していただきました。

ロビンを先生に預けて、待合室で待機すること10分弱。名前を呼ばれて再び診察室へ向かいました。

ロビンはいつも通り大人しくエコー検査を受けてくれたようで、助手のお姉さんたちに褒められていました^^

……エコーの結果は「ロビンちゃん見た目はとても元気だけど、エコーで身体の中を見てみるとやっぱりリンパ腫が広がっています」とのことでした。

先生の言う通り、ロビンはとても元気に見えます。

それでも身体の中では変化が起こっているということを、改めて実感しました。

脾臓は衝撃が加わると破裂して出血死してしまう可能性があるので、どこかにぶつけたりしないように気を付けましょうというアドバイスをいただきました。

普段は段差のない室内で24時間体制で見守っているので、どこかから落ちる心配はありませんが、車での移動や抱っこする際にはロビンの身体に負担がかからないように、より一層注意したいと思います。

↑診察が終わり、キャリーの中で落ち着いているロビン🐶

■帰宅後

食欲が復活したロビンに食事以外で何かをあげたいと思い、食べても良いおやつについて先生に確認してみました。糖類はNGですがジャーキー系なら与えても大丈夫と教えていただいたので、帰宅してからご褒美としてさっそくあげてみました!

のどに詰まらせないように小さくちぎって部屋中に散りばめると、しっぽを振りながら探して食べていました^^

楽しそうなロビンを見ていると、私もとても嬉しい気持ちになります(*´ω`*)

リンパ腫が判明する前は、わんこ用のボーロを部屋中に隠して探しながら食べるという遊びが日課でした。ずっとしっぽを振りながら探している姿がとても可愛くて、ついあげすぎてしまうことも……。

最近は食べ物に敏感になりおやつを控えていましたが、今日からジャーキーをあげたいと思います🍖✨

食べ終わった後は、ウトウト……(˘ω˘)

今日は緊張してかなり疲れたんだと思います。

ロビンお疲れ様!よく頑張ったね🐶✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。